妊娠をしたい人は必見!普通の妊活から一歩進んだ妊活!

MENU

CLOSE

妊娠をしたい人は必見!普通の妊活から一歩進んだ妊活!

老化は女性の卵子の数を減少させる

卵子の減り方は激しい

妊活で最も大切なことの一つに、女性の卵子の数そのものを調整することが挙げられます。一般的に、妊活では健康的な精子と卵子を生成することができれば、妊娠をすることができる状態まで持っていくことが可能です。しかし、こうした精子と卵子の状況に関しては年齢と共にかなり激しく変化する傾向にあり、特に女性の卵子の数は生まれてから大きく増えることはまずありません。

年齢を重ねることによって自然とその生成数が少なくなっていくことが普通なので、より神経質に身体の状況を管理しなくてはいけません。健康的な女性の場合は、年齢が若い状態で生成できる卵子の数はだいたい約700万ほどだということがわかっています。

それに対して、30歳を超えて高齢出産の35歳に近づくほどこの卵子の生成数は急激に減少していき、高齢になるとこれが3万程度の数にまで減ってしまいます。年齢を重ねると、若い時と比較して卵子の数が必ず減る仕組みになっていますので、特に高齢で女性が出産を望むときには相応の準備を整えてから妊活を始めなくてはいけません。

体温調節によって状態が変わる

男性と女性、両方ともに妊活前の準備として大切になるのは体温調節です。例えば、女性は基礎体温が低いと卵子を生成する効率が悪くなってしまいますので、妊活をする前には基礎体温を向上させるように気を付けなくてはいけません。一方で、男性に関しては基礎体温を上げすぎてしまうと精子の生成が悪くなってしまう傾向があります。これは、精子そのものが熱にあまり強くない性質を持っているからです。男性と女性では、体温調節から対策が異なっていますので、妊活の前提として覚えておきましょう。

正しい妊活のための食事

体温を考慮した食材

妊活のために食生活によって身体の状況を改善していこうと考える夫婦は非常に多いですが、独自に妊活をする夫婦の中には間違った食生活の仕方をしている人もかなり多いです。これは、食材の選択の仕方がそもそも間違っているからに他なりません。精子や卵子の生成には体温調節が重要と述べましたが、食材の中にはそれを食べることによって体温が下がってしまう食材が多く含まれています。

  • 夏野菜
  • 利尿作用

体温を気にした食材を探すときには、上記二つに注意をしなくてはいけません。例えば、妊活では葉酸などの豊富なビタミンを摂取することが推奨されるのが一般的です。そのため、野菜をできるだけ摂取して健康的な栄養分を取り入れようと力を入れる人は大勢います。

しかし、トマトやキュウリと言った夏野菜には、身体の体温を下げる効果がありますので、妊活をしている女性がこれを摂取すると基礎体温を上げることができなくなります。特に、トマトは体温を下げる効果がかなり高いので、野菜だからと言って妊活にすべて向いているわけではないということをしっかりと認識しておかなくてはいけません。そして、もう一つ重要になるのが利尿作用を引き起こす食材や飲み物です。

身体の老廃物を出してくれる尿は確かに人間にとって重要なのですが、人間は尿をすると体温が低下しますので、妊活をしている男女が利尿作用があるものを摂取すると体温調節が難しくなります。利尿作用がある飲み物はとても多く、コーヒーや紅茶はもちろん、中にはお茶の中にも含まれているものもあります。なるべく、健康に良いミネラルウォーターを中心に水分をとると良いでしょう。

食事が気になる場合

どうしても、食事の中に含まれている栄養分が気になる場合には、足りないと感じた栄養分をサプリメントで摂取すると効果的です。特に、妊活に必要な葉酸は専用のサプリメントが存在しますので、そうしたものを利用すると欲しい栄養分だけを効率的に摂取できます。また、サプリメントを直接的に摂取するのに不安があるのならば天然成分だけで作られているサプリメントを利用すると良いでしょう。

サプリメントの中にも、サプリメントを加工するために余計な添加物を含んでいるものは多くあります。そうしたものが気に入らないときには、栄養分だけを抽出したサプリメントがありますので、これを利用することで健康面でも気にせずに栄養分を摂取できるようになります。

もっと踏み込んだ妊活対策

妊活対策をする人の中には、単純に健康的な妊娠をしたいと考えている人だけではなく、妊娠をすることがなかなか難しい身体の人もいます。例えば不妊治療を受けている人もいますし、こうした人は上記のような一般的な対策とは別に様々な対策を試みなくてはいけません。

その中でも、男性と女性の双方に効く可能性がある栄養が存在します。それが、日本国内では生育されていないマカという栄養分です。正規品であるのならば、不妊治療を実施している患者であっても利用することができますので、安心して使うことが可能です。

  • マカ…原産はペルー。普通の妊活だけではなく不妊治療にも良い。

マカは、男性の精力を向上させる栄養分としてとても有名なものですが、実は女性に対しても卵子の生成を手助けする一定の効果があります。元々、マカは薬用ハーブとして昔から利用されているものです。女性に対する効果としては、日本国内の研究機関が女性の更年期障害に対する一定の効果が期待できることを正式に発表しています。

実は、女性の更年期障害は女性のホルモンバランスを乱すかなり重大な症状であるため、不妊の原因にも挙げられているものです。妊娠は、女性ホルモンのバランスが非常に重要で、更年期はその女性ホルモンのバランスを著しく乱してしまうものであるため、妊活にとっても更年期は深刻な問題として考えなくてはいけません。

更年期の人は、ホルモンのバランスを整えて通常の健康状態を保たなくてはならず、普通はこうしたホルモンのバランスは薬によって調整されます。しかし研究によって、実はマカにはこうした薬によるホルモンの補充に代替する一定の効果が存在することがわかりました。

薬による治療を進めなくても、マカを摂取することで妊娠をしやすい健康状態に近づけていくことができるわけです。そのため、医学的にもマカは女性の妊娠に対してとても良い役割を果たしていると言えます。

マカは必ず正規品を利用しよう

魅力的な効能を持っているマカですが、実は日本国内で原産のマカを入手することはかなり難しいと言えます。これは、原産をペルー政府が囲っているからに他なりません。マカの海外への輸出はペルー政府によって厳格に決められていて、決められた一定の国にしか輸出することができず、そのためマカ自体の偽物が海外には当たり前のように存在します。

厳格に決められていると述べましたが、これは民間企業が決めているわけではなく、ペルーの政府が法律によって決めていることですので、安易に原産を入手しようとすると罪に問われる可能性すらあります。ただ、日本が他の国と比較して有利なのは、実は日本国内の企業がペルーのマカの対輸出国として非常に高い地位に存在することです。

マカの取引量に関してはトップグループに入っていますので、マカの原産は入手できなくても、マカの栄養分をたっぷりと含んだ製品は入手しやすい環境にあります。正規品を入手できれば、マカは妊活や不妊治療に良い影響を与える可能性がとても高いので、より良い妊活をしたいときにはマカを利用するという選択肢も考えておくことです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧